« 読書日記 『少年たちの四季』 我孫子武丸 | トップページ | 読書日記 『白亜館事件』太田忠司 »

2011年6月 9日 (木)

梅田創作フレンチ 『いわむら』

先日、先輩たちといってきたのが、梅田第二ビル地下2階にある 創作フレンチ『いわむら』
http://www.medic-web.jp/shop/s10001805/

前から、お店の前を通るたびに、入ってみたいなーと思っていたお店です。
立ち飲みやなどのサラリーマンが好みそうなお店が立ち並ぶ中、ひっそりとたたずむ雰囲気が良かったんですよね。

またシェフのおすすめ料理がクーポンで安くなったのもあり、先輩たちさそって行ってみました。
そして、大正解!
女子会にぴったりの雰囲気&おいしいお料理&すごいボリューム!
私たちは、「シェフ特選大皿コース 8皿13種」にしたのですが、予約した段階からもう期待度大!

「このコースはボリュームがありますので、おなかすかせてきてください」

こんなこと言われたら期待度そりゃあがりますよね。

そして期待を裏切らないおなか一杯感。
シェフ自ら運んできてくれて、料理説明もしてくださいました。

その中から少しご紹介しますね。

『旬の前菜3種盛り』

いわむら

前菜からしてこのボリューム。そして何よりおいしい。
フォアグラも気軽にいただけます。

写真はありませんが、この後に出てきた『ゴルゴンゾーラチーズたっぷりのバケット』がめちゃうま!
おかわりしたいくらいでした。

次にパスタがあり(あまりにおいしさに写真撮り忘れました)

『お魚料理』
いわむら

これがお魚料理?!と思うような、かわいいフォルム。しっかりとパイ生地の中に新鮮なお魚が入ってました。

『いわむらオリジナル煮込みハンバーグ」
いわむら

とってもジューシーなハンバーグに、こってりしているようで意外にあっさりしたソースがかかっていて、これまためちゃウマ。
ランチでも食べに行きたいなー。

『黒毛和牛のポワレ』
いわむら

もう私の中では最高の1品。全部おいしかったけど、これは絶品!
口の中でとろけるような黒毛和牛の甘さと、シェフ特製のソースが絶妙にからみ、おなか一杯のはずなのにペロリといただけました。
思わず、シェフに「これめっちゃおいしいです!」って言ってもらいました。

この後、「しめのピラフ」があり(これまた分量はそのときのおなかの状況次第で、大、中、小と選べるんです)

『シェフのデザート』
いわむら

おしゃべりするつもりでいったのに、おいしさのあまり、食べるほうに夢中になっていた私たち。
やっとデザートくらいになってから、落ち着こう、ゆっくり食べようという気になりました。
デザートも黒ゴマを使っていたりとヘルシー。甘さ控えめで、おいしかったです。

また行きたいお店が一つ増えました。

|

« 読書日記 『少年たちの四季』 我孫子武丸 | トップページ | 読書日記 『白亜館事件』太田忠司 »

Tusanのお勧め(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92329/51894278

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田創作フレンチ 『いわむら』:

« 読書日記 『少年たちの四季』 我孫子武丸 | トップページ | 読書日記 『白亜館事件』太田忠司 »