« プリザーブドフラワーいりませんか? | トップページ | 3D初体験! »

2010年5月 3日 (月)

ミニ鏡開きってこんな感じ

和装での演出で人気があるのが、各テーブルで行う「ミニ鏡開き」

ちいさな樽の中に好きなものを入れられるのも人気の一つです。

実際のどんなものなのか、写真でご紹介しましょう!

◆全体像
2010042812100000

樽の大きさは、直径20cmくらい。
木槌は小さなトンカチのようです。軽くて扱いやすいですよ

◆ふたは3つに分かれ、磁石でくっついてます

2010042812100001

ふたはあらかじめ3つのパーツからできており、それぞれの境目に小さな磁石が入ってます。
通常、3つのパーツをくっつけた状態で、セットします。
端を押しても、本体に白い枠があるため、ふたは開かず、真中を押したときだけ、はずれるようになっています。

◆ふたを取ると・・・

2010042812110000

中には、自分たちで好きなものを入れることができます。
お菓子を入れたり、ミニギフトをいれたり・・・
ただし、本物のようにお酒を入れるのは、おそらくNG。液体はだめだと思います。
(できるものもあるかも。確認くださいね)

今回見たものは、新婦手作りの箸おきを入れてました。

2010042812080000

気をつけないといけないのは、木槌でたたくときに、強くたたきすぎると中のものに衝撃がいく場合があります。
今回も陶器だったので、気をつけていただくことと、万が一のために予備の箸おきを用意していただきました。

ふたはあまり強くたたかなくても、真中をたたけば、すぐ開きますので、力加減は調整してみてくださいね。

このミニ樽は、楽天で販売もしています。

こちらをクリック→

ただ、なかなかいいお値段もしますし、結婚式後、使用予定がないともったいないですね。

会場によっては、レンタルしてくれるところもあるので、やってみたいという方は、聞いてみてもいいと思いますよ。

|

« プリザーブドフラワーいりませんか? | トップページ | 3D初体験! »

Tusanのお勧め(ブライダル関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92329/48229693

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ鏡開きってこんな感じ:

« プリザーブドフラワーいりませんか? | トップページ | 3D初体験! »