« 趣味に走る | トップページ | 祝!ならライブ! »

2008年2月16日 (土)

【質問】新郎新婦とご両親の考え方のギャップ

なぜかわかりませんが、今週はやたら長く感じました。
なんでだろ。

さて週末は3週ぶりの披露宴本番です。
土曜日は京都、日曜日は梅田に行きます。
明日のお二人は、新郎が長崎、新婦は京都と遠距離で準備を進めてこられました。
そのため、新郎の意向をききつつ、準備はほとんど新婦ががんばってきたんですよね。
だからこそ、披露宴当日は目いっぱい楽しんでもらいたいですね。

そんな中、会場プランナーさんから連絡が入りました。
新郎のお母様がぜひ司会者と話しがしたいと。
それまでもプランナーさんのところに、直接連絡が入り、準備状況などをいろいろ聞いてらっしゃったそうなのです。
私もご挨拶をきちんとしたかったこともあり、今朝電話でお話ししてみました。

ご両親の世代の披露宴と今の披露宴はやはりいろんな面で違いがあります。
今の披露宴は、新郎新婦がみなさまをお迎えする、感謝を伝える場であるという考え方が主流です。
でも結婚ってそれだけではなく、やはりお披露目の場であり、ご両家の交流の場でもあり、ご両親にとっても子育て終了のための一区切りなんですよね。

お母様とお話しするうちに、ご両親も不安に思ってらっしゃるんだなーということが実感できました。
その不安を取り払って、一緒に笑顔になってくれたら一番うれしいですよね。
そのためには、やはり会話が一番です。

お二人で結婚式を準備するのだから、逆にご両親を巻き込んで手間をかけさせては悪いから・・・とおっしゃる方もいますが、私はどんどん積極的に参加してもらったほうがいいですよとお伝えします。
ただ、そのときにちゃんと新郎新婦がどんな式にしたいか、お二人で基本部分はきちんと話しあった上でお話しされることをお勧めします。

私はこんなことしたくなかったのに、両親が、親戚が、上司が・・・と文句を言う前に、そういう事態にならないようにする下準備って大切だと思いますよ。

今回は新郎が遠方ということで、うまくご両親に内容が伝わってなかったため、心配されたんでしょうね。
今朝1時間ほど電話でお話していくうちに、納得していただけたようでした。
とはいえ、司会者から新郎新婦への美辞麗句を言わず、叱咤激励の言葉を言ってほしいというご希望がありましたが、さすがにそれは披露宴会場で司会がいうのもどうかと思うので、遠慮させていただこうと思ってます・・・

ほんとに結婚って大変ですよね。
でもそれを乗り越えた新郎新婦は強いなーと思います。
明日もシアワセオーラをいっぱいもらってこよう!

|

« 趣味に走る | トップページ | 祝!ならライブ! »

Tusanのお勧め(ブライダル関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92329/40137856

この記事へのトラックバック一覧です: 【質問】新郎新婦とご両親の考え方のギャップ:

« 趣味に走る | トップページ | 祝!ならライブ! »