« 電車の中 | トップページ | ABCクラフトやぁい »

2006年6月21日 (水)

映画と沖縄料理と面接?!

「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました。
原作本を昨日読み終わってすぐの鑑賞・・・あまりおすすめしません。
原作との違いが気になりすぎて、なおかつ、映画にはまりきる前にストーリーを追ってしまう・・・これは「映画」を楽しむにはもったいない状況です。
もちろん、今回の映画の場合、読んでおくほうが場面ごとの意味や出演者の背景などはよくわかっていいのですが、先の見えない楽しさが半減したのは残念だったなーという気がしました。

映画版では原作から(相当)省略されている部分がありましたし、映画版ならではのストーリーがあったり、原作とは設定が違ったりなんてところもありましたが、おおむね時系列も同じであっという間に見終わりました。
ただね、トムハンクスも、ソフィーも、警部も、アリンガローザも、色素欠乏症の男も、リーも、みんな中途半端だったなー。
もっと描いてほしいシーンがあった気がして・・・
まあ、ストーリー追うだけで、時間いっぱいだからしょうがないんでしょうけどね。

一緒にいっていた友人が教えてくれたのですが、リーってロードオブザリングの魔法使いだったんですね。
どっかでみたことがあるなーと思っていたら・・・びっくりでした。

映画を見終えたあと、一緒にいった友達と奈良まちにある沖縄料理「喜納」に行ってきました。
時間も遅かったので、軽く食べる程度だったのですが、そこで気に入ったのが「もずくのてんぷら」
めっちゃおいしかったですよ。
微妙なお塩加減が良かったです。

そこで友人とわかれて、JR奈良に向かって歩いてる途中、携帯を見てみると1通のメールが。

それは会社の先輩というか上司の方からだったのですが、明日面接もどきがあるというメール。
えー、私は単なる顔合わせだと思っていたのに!!
システムチームのお歴々の前で、エクセルレッスンの講師を実際にやってくれとのこと。
おーい、早めにいってよー。

まあ、しょうがないので明日会社で準備して、講師もどきやってきます。
結果はいかに?!

|

« 電車の中 | トップページ | ABCクラフトやぁい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92329/10613939

この記事へのトラックバック一覧です: 映画と沖縄料理と面接?!:

» ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン [文学な?ブログ]
「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、特に宗教の知識が薄い私にとって非常に新鮮でした。モナ・リザや最後の晩餐の絵画についても、素直に面白いと思える内容でした。 物語は、ルーブル美術館の館長が殺害されるところから始まります。その日に館長と面会予定だったラングドン教授と、館長の... [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 16:29

« 電車の中 | トップページ | ABCクラフトやぁい »